平成30年度 社会医療法人祐愛会織田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 33 67 73 94 128 242 554 643 839 406
入院の半数が鹿島市内からの入院ですが白石町・塩田町・多良町からの入院も増加しています。平成30年度は、新規入院患者数3,154名、入院利用率91.6%、平均在院日数11.7日、紹介患者数3,552名でした。多くの患者様に対応させて頂いており、111床の入院ベッドがフル稼働しています。近年は、御高齢の方の入院が急増していますが、一日も早くもとの生活を取り戻して頂けるように多職種からなるチーム医療で診療にあたり、早期から積極的にリハビリを行っています。各種介護サービスの申請や介護施設との連携もスムーズです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 81 26.47 20.92 16.05% 84.46
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 76 3.89 2.67 0.00% 63.67
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 75 20.64 17.66 4.00% 89.13
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 70 18.53 12.58 7.14% 80.54
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病あり 43 18.77 18.23 6.98% 89.23
当院の内科の主要入院症例は、ご高齢の方の誤嚥性肺炎が最も多くなっております。次に、比較的平均年齢が若い方の小腸大腸の良性疾患、心不全や尿路感染症も多くなっており、特にご高齢になるほどその重症度も高くなる傾向にあります。次に、腸炎/胃腸炎や急性肺炎/気管支肺炎・市中肺炎が続きます。その他に多い疾患として脳梗塞や一過性脳虚血発作、内視鏡的大腸ポリープ切除術、内視鏡的消化管止血術、虚血性腸炎、心不全、糖尿病、脱水や熱中症、電解質異常などがあげられます。また、当院には呼吸器内科と血液内科、消化器内科、肝臓内科、といった各専門内科医が常勤しており、それらの領域の悪性疾患や高度な専門性を有する疾患の対応も行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 95 2.11 3.01 0.00% 71.06
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 45 12.87 17.66 6.67% 85.71
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 28 7.57 4.47 0.00% 71.11
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 17 9.35 11.01 0.00% 85.18
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 12 7.50 7.54 0.00% 75.42
当院の循環器科の入院で多いのは、狭心症、心不全、不整脈疾患で平成30年度の心臓カテーテル検査は137件、経皮的冠動脈ステント留置術は37件、ペースメーカー手術は22件行われました。最近は、高齢化に伴い心不全による入院が増加しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 36 6.50 4.96 0.00% 71.19
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2-なし 30 11.80 10.59 6.67% 63.93
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 30 9.87 7.30 6.67% 68.03
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 15 15.60 15.30 13.33% 68.53
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 15 5.53 5.42 0.00% 52.27
当院の外科において最も多い症例は鼡径ヘルニアに対する手術の症例です。 次に多いのは乳癌手術(胸筋温存乳房切除、乳房温存手術)や様々な乳腺疾患に対する手術の症例です。次に多いのは胆嚢結石および胆嚢炎です。胆嚢炎のある方はガイドラインに沿ってなるべく早期に手術が出来るようにしています。ほとんどの症例で腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行しています。このほか胃癌・大腸癌を中心とした消化器癌の手術や腸閉塞、鼡径ヘルニア手術、痔核根治手術など様々な手術症例に対応しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1-なし 69 2.57 4.05 0.00% 56.78
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし 27 2.04 3.15 0.00% 75.56
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし 19 3.21 8.16 0.00% 83.79
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1-あり 15 36.67 61.18 33.33% 69.53
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1-なし 14 2.00 4.86 0 62.71
当院の形成外科は、良性皮膚腫瘍の症例が大多数を占めますが眼瞼下垂症(先天性を含む)や皮膚悪性腫瘍、熱傷・外傷を多く取り扱います。外来での外傷の処置(顔面や四肢末梢)を多数取り扱うのも当科の特徴です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 10 19.80 11.80 0.00% 81.00
010070xx99000x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 3.33 8.37 68.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 12.00 7.35 43.71
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 17.67 18.72 72.00
010060x0990001 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 4.50 6.57 71.00
当院では、脳出血・頭部外傷・脳腫瘍等の外科的疾患に加えて、脳梗塞・てんかん・パーキンソン病・認知症等の内科的疾患についても積極的に対応しています。画像機器であるCT・MRIの新しい撮影方法を取り入れ、可及的に身体への影響を減らした方法を駆使して診断していくことを優先しています。診断が難しい疾患や難易度が高い手術が必要な患者様に関しては、高次医療機関と連携して、最も安全確実な方法を患者様と一緒に選択しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 38 8.68 7.89 0.00% 20.58
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 33 14.58 8.29 0.00% 45.70
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 32 5.81 5.10 0.00% 65.00
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 27 5.19 5.43 0.00% 47.37
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 19 5.79 3.17 0.00% 18.00
当院の耳鼻咽喉科の主要入院症例は、扁桃疾患・中耳疾患・めまいの3つです。扁桃疾患に関しては急性扁桃炎や扁桃周囲膿瘍に対する入院治療や慢性扁桃炎の手術、あるいは小児の扁桃・アデノイド肥大に伴う滲出性中耳炎に対しての手術を行っています。中耳疾患は慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する手術治療を行っています。めまい急性期の入院においては保存的治療と同時に蝸牛・前庭機能の検査やMRIで耳性めまいの鑑別診断や中枢性疾患の除外を行い、その後の外来治療に役立てています。その他、突発性難聴や顔面神経麻痺の入院治療、慢性副鼻腔炎の手術入院も行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 107 6.86 8.98 0.00% 71.82
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 30 10.13 12.51 3.33% 69.10
080090xxxxxxxx 紅斑症 10 9.70 10.07 0 72.50
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 15.80 11.89 68.20
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 4.00 6.36 18.75
当院の皮膚科の主要入院症例は、1位は帯状疱疹、2位は急性膿皮症(手術なし)となっております。帯状疱疹は、水痘、帯状疱疹ウイルスが原因で、通常は身体の片側に疼痛を伴った紅斑や水疱によって発症します。外来治療も可能な疾患ですが、重度のものになりますと神経痛や麻痺が残存することもあり、症例によっては入院の上点滴治療を行っています。急性膿皮症は皮膚の細菌感染であり、蜂窩織炎や丹毒が主なものになります。必要に応じて安静の上、抗生剤点滴による治療を行います。薬疹に関しては、重症度が高く、多量のステロイド投与が必要なものを中心に入院加療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 16 1 7
大腸癌 11 15 1 7
乳癌 19 11 1 7
肺癌 1 7
肝癌 11 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌に関しては、症例に応じてESDもしくは手術(腹腔鏡下、開腹)を施行。
大腸癌に関しては、ほぼ全例に腹腔鏡下手術を施行。
乳癌に関しては、手術・化学療法・ホルモン療法等を施行。
肝癌に関しては、TACE(抗癌剤動注、腫瘍塞栓術)やRFA(ラジオ波焼灼術)を中心に施行。
肺癌に関しては、手術、化学療法を施行。
切除不能症例については、化学療法を外来化学療法室にて積極的に施行しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 54 16.33 86.20
重症 27 19.78 88.85
超重症 10 19.00 85.70
不明
当院で入院加療を行う市中肺炎は、高齢者の割合が高くなっております。ご高齢になるほど複数の疾患を合併していることが多く、一般外来で対応困難と思われる症例が多くなります。そういった患者様で入院加療が望ましいと考えられる症例の入院依頼なども近隣の医療機関様からよくご紹介をいただいております。老健施設や宅老所などからのご紹介にも対応しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 37 20.19 80.43 18.64%
その他 22 17.05 76.77 3.39%
当院に入院となる脳梗塞・一過性脳虚血発作の患者様は、内科の医師が対応する割合が多くなっております。患者様の特徴としては平均年齢が80歳に近く、御高齢者の割合がかなり高くなっております。なお、入院の打診があった際に、t-PAでの血栓溶解療法の適応がありそうな患者様の場合は高次医療機関へ搬送していただくように指示しています。一過性脳虚血発作の場合、脳梗塞へ移行するリスクも高く、原則入院していただき補液をしながら経過をみるようにしています。当院はPT、ST、OTの各リハビリテーションスタッフや施設も充実しており、症例毎に最適なリハビリテーションを行っております。退院後もリハビリがもう少し必要な患者様に対しては、リハビリ施設とスタッフを有する当院の関連老健施設への入所も検討することが可能です。他院へ転院していただき治療継続をお願いする場合もあります。退院の際には、リハビリに限らず介護保険制度の介入が必要な患者様に対しては、介護度等にあわせて専門スタッフで話し合いを行っております。当院では特に在宅医療にも力を入れております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 79 0.10 2.41 0.00% 64.23
K654 内視鏡的消化管止血術 18 1.61 15.11 0.00% 77.94
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 17 0.41 5.82 0.00% 67.94
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 0.38 8.15 0.00% 76.62
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 11 1.00 9.55 0.00% 82.64
当院の内科の主要手術は、内視鏡下の手術が大半を占めております。上記に表示している手術以外にも胃のポリープ切除なども内視鏡下で行っております。
消化器内科では検診も含めた内視鏡検査(胃カメラ・大腸ファイバー)を多数行っております。また内視鏡による大腸ポリープの切除も多く、1泊2日入院若しくは日帰りでの加療を行っています。出血性胃潰瘍・十二指腸潰瘍に対する内視鏡的止血術や腸炎や憩室出血による下血による入院加療も行っております。
肝臓内科では、TACE(抗がん剤動注&腫瘍塞栓術)やRFA(ラジオ波焼灼術)を主に行っております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 25 2.44 6.36 0.00% 73.00
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 11 2.00 9.64 0.00% 85.00
K597-2 ペースメーカー交換術 10 0.40 5.70 0.00% 85.90
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 0.71 2.71 73.57
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 0.00 13.43 76.14
当院の循環器科の手術で多いのは、狭心症や心筋梗塞に対して行われる経皮的冠動脈ステント留置術です。次いで多いのは、徐脈不整脈に対するペースメーカー移植術/交換術となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 3.00 6.56 4.17% 66.58
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 29 1.03 5.03 0.00% 68.79
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 4.94 9.94 11.76% 72.24
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 15 0.93 12.13 0.00% 63.33
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 14 1.14 7.57 7.14% 62.50
当院の外科では、ここ数年は年間約250例の手術を施行しております。このうち胆嚢炎、胆嚢結石症を中心とした胆嚢疾患に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く占めており、年々増加傾向にあります。また鼡径ヘルニアの手術においては患者様の病態等により、従来からの方法と腹腔鏡下手術のどちらにも対応できるようにしておりますが、腹腔鏡下手術が増えています。このほか急性虫垂炎ではほぼ全例腹腔鏡下手術を、胃癌や大腸癌を中心とした消化器癌に対しても腹腔鏡下手術で対応しています。腹壁瘢痕ヘルニアや、イレウス解除、胃空腸バイパス術などにも腹腔鏡下手術の適応を拡げています。
乳癌に対してはそれぞれの症例に応じた術式(胸筋温存乳房切除、乳房温存手術)を選択して行っております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 42 0.02 0.98 0.00% 54.45
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 37 0.00 1.27 0.00% 57.81
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 29 0.48 1.79 0.00% 81.31
K0131 分層植皮術(25cm2未満) 17 7.12 7.12 5.88% 71.18
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 15 0.00 1.00 0.00% 75.40
皮膚科と連携している為、粉瘤や母斑(ほくろ)、脂肪腫といった比較的小さな皮膚・皮下腫瘍の手術が大部分を占めますが患者層の高齢化の影響もあり、日光角化症やボーエン病といった前癌病変や有棘細胞癌、基底細胞癌に対する手術件数が多いのが当院の特徴です。特に顔面の腫瘍が多く、形成外科的な術式を必要とする症例が多数みられます。他に顔面外傷(骨折を含む)、 小児の外傷、熱傷も多数取り扱っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 12 5.33 20.83 8.33 81.33
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 3.00 8.00 76.00
当院の脳神経外科の主要手術第1位は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術となっております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 38 1.00 6.95 0.00 20.13
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 25 1.20 11.88 0.00 44.80
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 23 1.04 11.26 0.00 46.30
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 18 1.17 1.94 0.00 25.17
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 13 0.23 4.77 0.00 48.85
当院の耳鼻咽喉科の主要手術は鼓室形成術です。これは真珠腫性中耳炎や慢性中耳炎、耳硬化症といった疾患において、疾患の根治のためや聴力改善の為に行われております。また補聴器が効果をなさない高度難聴に対する唯一の聴覚補償である人工内耳埋込術を県下では当院のみが行っております。口蓋扁桃手術は慢性扁桃炎や、睡眠時無呼吸や滲出性中耳炎を伴う扁桃肥大に対して行っています。鼓膜チューブ留置術は主に小児の遷延する滲出性中耳炎に対して行っております。成人の場合は殆ど外来にてチューブを留置しています。その他、慢性副鼻腔炎に対しる内視鏡下鼻副鼻腔手術や甲状腺片葉切除術といった頚部良性疾患に対する手術を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 22 0.71%
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
当院におきましては、手術処置に伴う上記合併症の発生はほとんどありませんでした。
更新履歴
2019/09/28