病院機能評価認定

病院機能評価認定

祐愛会織田病院は


1998-06-15 「一般A200床未満」
2003-09-22 「一般100床以上200床未満」
2008-06-16 「一般100床以上200床未満」
2013-10-04 「一般病院1(100床以上)(主たる機能)」

に日本医療機能評価機構より認定されています。

祐愛会織田病院の評価はこちら >
「公益財団法人日本医療機能評価機構HP」
日本医療機能評価機構による認定証

病院機能評価について

第三者機関である公益財団法人日本医療機能評価機構 による「書面審査」と「訪問審査」が行われ、病院区分ごとに求められる機能に合わせた評価がなされます。問題点の改善に努め成果を上げている病院には、認定証が発行されます。

主な審査項目
  1. 患者中心の医療の推進
  2. 良質な医療の実践1
  3. 良質な医療の実践2
  4. 理念達成に向けた組織運営
この評価を受けることにより、改善すべき問題点など病院の現状を客観的に把握することができるため、医療の質の向上と効果的なサービスの改善につなげることができます。
前回の機能評価は日本経済新聞にも掲載されましたように受審病院2570病院の中で、当院は79.8の最高得点で全国1位という評価をいただきました。この地方の小さな病院の取り組みが、高い評価を得ることができたのは、病院を支えるスタッフの日々努力の積み重ねによるものだと思います。
今回、更新審査を向かえるまでスタッフ一同継続した改善を重ねて参りました、その結果、無事更新することができました。引き続き、地域の皆さまに質の高い医療を提供できるよう努めていきます。