肝臓内科

肝臓内科では主に肝炎・肝硬変・肝がんの診断および治療を行っています。ウイルス性肝炎に対してはインターフェロン療法や経口薬(抗ウイルス薬)、肝庇護療法などを、肝がんに対してはラジオ波焼灼術(RFA)や肝動脈塞栓術(TACE)、化学療法などを行っています。また、最近では、生活習慣病としての脂肪肝やNASH(ナッシュ)の患者さんも増えてきています。

担当医師の画像
肝臓内科の手術風景

診療内容

◆B型肝炎に対するインターフェロン療法、核酸アナログ製剤(内服薬)
◆C型肝炎に対するインターフェロン療法、直接的抗ウイルス療法(内服薬)
◆肝がんに対するラジオ波焼灼術(RFA),肝動脈塞栓術(TACE)、化学療法
◆各種肝疾患の診断のための肝生検
◆脂肪肝に対する生活習慣指導


主な対象疾患

◆B型慢性肝炎・肝硬変、C型慢性肝炎・肝硬変
◆肝がん
◆脂肪肝・脂肪性肝炎(NASH)
◆自己免疫性肝炎
◆原発性胆汁性肝硬変
など

常勤医師の紹介

安武 努
内科部長(肝臓)
安武 努
【出身校】
佐賀大学医学部卒
【出身医局】
佐賀大学医学部 肝臓・糖尿病・内分泌科
【資格】
日本内科学会認定医
日本消化器学会 認定消化器病専門医
日本肝臓学会 認定肝臓専門医
日本糖尿病学会会員
 

肝臓内科治療件数

肝臓内科手術件数表