血液内科

一般の病院ではあまり聞き慣れない診療科だと思いますが、主に血球やリンパ組織の病気を診療する専門内科です。熱が出やすい、リンパ節が腫れている、疲れやすい、出血しやすい、血が止まりにくい、などの症状を認める患者さまや、自覚する症状がなくても健診や病院を受診して血球数の異常(白血球が多い・少ない、赤血球が多い・少ない、血小板が多い・少ない)、血液中の異常細胞などを指摘された患者さまが受診されます。
血液は身体の中で非常に重要な働きをしている臓器であり、血液疾患の治療にあたっては、全身のさまざまな部位に症状・合併症を認めることが多々あります。各科医師や多職種で連携しながら、包括的に患者さまやご家族を支援できるよう努めています。

担当医師の画像

診療内容

鉄欠乏症、ビタミンB12欠乏症などのよる各種貧血性疾患、特発性血小板減少性紫斑病などの免疫性血小板減少症、血友病などの凝固障害など、様々な血液疾患の患者さまを診療しております。
また、血液の病気には、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などのいわゆる「血液のがん」が含まれており、佐賀大学医学部附属病院や佐賀県医療センター好生館などの医療機関と連携を取りながら診療を行っています。

主な対象疾患

  • 鉄欠乏性貧血
  • ビタミンB12欠乏性貧血、葉酸欠乏性貧血
  • 自己免疫性溶血性貧血
  • 再生不良性貧血
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 血友病と類縁疾患、血栓性疾患
  • 骨髄異形成症候群
  • 骨髄増殖性疾患
  • 急性白血病、慢性白血病
  • 悪性リンパ腫
  • 多発性骨髄腫
  • その他 血液疾患

常勤医師の紹介


内科医師(血液)
西岡 敦二郎
【出身校】
福岡大学医学部卒
【出身医局】
佐賀大学医学部血液・腫瘍内科
【資格】
日本血液学会専門医
日本内科学会認定医
日本臨床腫瘍学会癌薬物療法専門医